住宅改修

住宅改修とは

介護保険の認定が「要支援1・2」「要介護1~5」の認定を受けている方が、在宅での生活環境を整えるために、介護保険法に定められた改修工事を行った時に、工事費の20万円までの範囲において1割の負担で行うことが出来る。
工事の前に保険給付の対象になるかをケアマネージャーまたは当社にご相談ください。
また、いわき市には受領委任払い制度があり、指名業者により工事を行うと利用者の負担は1割で済みます。

介護保険の対象となる工事

手すりの取付け
段差を歩行したり、立ち座りや浴槽のまたぎを安全に行うなど目的は多様で、壁や床に固定されて取り付けられていることが条件です。
手すり取り付け 改修前手すり取り付け 改修後手すり取り付け 改修前手すり取り付け 改修後
段差解消
段差をスロープにするだけでなく、昇降しやすく式台を設けたり、既存の階段やスロープを緩やかにする工事も対象になります。
段差スロープ 改修前段差スロープ 改修後段差スロープ 改修前段差スロープ 改修後
床材の変更
歩行の安定を図るために滑りにくい床材にすることや、車いすでの走行を円滑にするなど、利用者の自立支援や介護者の負担軽減につながる工事が対象で、畳の部屋をフローリングにする工事などです。
床材変更 改修前床材変更 改修後
建具の交換
開閉しやすくドアを引き戸に交換する工事、また既存のドアを利用しながらドアノブをレバー式に変更なども対象となります。
建具交換 改修前建具交換 改修後
便器の交換
和式便器から様式の腰掛式便座への交換。便器の向きを変えて動作や介護を楽に行う目的であれば、様式からの交換も対象となる場合がある。
便器交換 改修前便器交換 改修後
付帯して必要となる改修
手すりを取り付けるための壁の補強、便器交換に伴う給排水の移設工事や床の補修工事など、ケースに応じて対象となる場合があります。

受領委任払いの例