よくある質問

介護を受けるには、どうしたら良いですか?

介護が必要になった場合、介護保険資格者証を添えて市役所介護認定課の窓口へ申請します。
本人や家族などが申請を行うか、指定居宅介護支援事業者などに代行してもらうことも可能です。(申請書には氏名などのほか、主治医が決まっているときはその氏名など、第2号被保険者の場合は特定疾病の名称なども記載します。)
訪問調査・審査・判定を経て、認定結果が送付されます。
認定を受け、ケアマネージャー(介護支援専門員)にケアプラン(介護の計画)を作成してもらいサービスを受けることができます。(直接申込むこともできます)

訪問調査とは、主にどんなことをするのですか?

「片足でたっていられるか」「何かにつかまらないで起き上がれるか」など、あらかじめ定められた項目にしたがって、調査員が質問します。

サービスの利用料金はどのくらいかかりますか?

利用料金は原則として、介護保険から9割支払われ残り1割を利用者が負担します。
各地方自治体や介護サービス事業所によっても変わってきますので、サービス契約時にしっかりと確認しておくことが重要です。